自営業者向けの低金利のカードローンを上手に活用しよう!

自営業者が銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを利用しようと思ったら、一般のサラリーマンが申し込み手続きを行う時よりも審査は厳しくなってしまう傾向があります。

確かに毎年のように安定的に黒字経営で十分に所得を申告している自営業者なら、銀行などの審査でも特に問題はないと言えるでしょう。

しかし多くの場合、赤字経営だったり、あるいは所得が殆ど無かったりするような人が多いのが現実です。それゆえ、そのような人がカードローンを利用するためには、一体どうしたらいいのでしょうか。

特に経営状態が厳しい自営業者ともなると、当然、低金利のローン商品を求めるはずです。しかし低金利であればあるほど、ますます審査のハードルが高くなってしまうことは間違いありません。

そんな時には、具体的にどのようにして商品探しを行ったら良いのでしょうか。

自営業者向けのカードローンは総量規制の対象外なの?

結論を言うなら、そんな時には総量規制対象外のローン商品を探すことが重要です。主なものとしては、銀行のカードローンと事業者向けローンがあります。

それなら貸金業者のように規制の対象にはなりませんので、赤字経営で収入が無くても借り入れできる可能性はあるのです。

たとえば銀行カードローンなら貸金業者より比較的低金利ですので、有利な借り入れが可能です。ただし絶対に審査に通る保証などはありませんので、油断は出来ません。

特に過去にその銀行と何かトラブルを起こしたり、あるいは金融事故を起こしてしまったことがあるような人は要注意です。そんなケースでは、通る審査も通らなくなってしまいます。

しかし、もしもそのようなトラブルや事故の経験がなければ、銀行カードローンの審査にも通る可能性はあると考えられます。ただし融資枠は少な目になってしまうことは避けられないでしょう。

ですから比較的高額の融資を受けたい人は、事業者向けローンを当たってみるほうが現実的です。

ただしこのローンは通常の生活資金の借り入れとは違って、事業資金を目的とした借り入れです。それゆえ事業内容や確定申告のコピーを求められることがあります。

その場合、絶対にやってはいけない注意点があります。それは確定申告の修正です。審査に通りたいが為に下手に修正したりすると、税金や保険料が増えてしまいます。

それに最悪の場合、自分勝手な修正は法律違反の犯罪行為となってしまう危険もあります。もちろん、税務署にばれたら完全にアウトです。金欠の苦しみどころでは済まなくなってしまいます。

最近ニュースで耳にするフィンテックってなに?

最近ではニュースなどでは、フィンテックという言葉を耳にする機会が増えているかと思います。株式市場でも関連銘柄が大いに買われることが起こっています。

このようにフィンテックには、多くのメディアや投資家の目が注目が集まる状況が生まれてきています。

フィンテックというのは、ファイナンシャルとテクノロジーを合わせた造語となっています。近年ではインタネットテクノロジーの発達によって、従来ではできなかったことが金融の世界で可能となってきています。

新しいインターネット技術を用いた金融としては、まず仮想通貨を用いたサービスが挙げられます。仮想通貨の運営会社では様々な企業と提携することで、仮想通貨を多くの店舗などで使えるように進めています。

仮想通貨のユーザーは、通常のお金で仮想通貨を購入することになってきます。その後は仮想通貨があれば、リアル店舗でも商品購入が可能となってきます。

リアル店舗での会計は、スマートフォンといった情報端末を使ってモバイル決済を行うことができます。通常のクレジットカード決済では手数料が発生しますが、仮想通貨によるモバイル決済では手数料が発生しない利点が出てきます。

そのため、クレジットカードではなく、仮想通貨で買い物をする人が増えてきています。

現在は仮想通貨が使える店舗などはかなり限定されていますが、将来的にはあらゆる店舗で仮想通貨が使えるようになる可能性が出ています。

日常で生活する上ではすべて仮想通貨によるモバイル決済だけですむようになると、すべての決済がネット上に記録をされるようになります。その結果として、家計簿を付ける必要がなくなるメリットが出てきます。

お金を調達する新しい方法:クラウドレンディングとクラウドファウンディング

次にフィンテックを使った金融としては、クラウドレンディングが挙げられます。クラウドレンディングは、ネット上で投資をしたい人と資金調達をしたい起業家を繋ぐ新しい金融です。

投資家と起業家の間には、仲介業者が入ることで手数料収入を得る仕組みがあります。また、投資家に対しては起業家などからの返済によって、配当を出す仕組みもあります。

ネット上で起業家が資金調達ができる方法としては、クラウドファンディングという仕組みも存在しています。クラウドファンディングは起業家がネット上でプレゼンをして、それに共鳴した多くの投資家から少しずつ資金を集められる仕組みになってきます。

このようなフィンテックを用いた資金調達の手段が進むと、従来からある銀行といった金融機関は存在価値が薄れていくとの見方も出ています。