教育資金はどこで借りる?低金利のカードローンも検討してみよう!

子供を立派に育て上げるには、お金がかかります。

一流企業に就職し、お給料を稼いでくれるようになれば、家計を助けてくれるようになるでしょうが、それまでが大変です。

このご時世、大学に行くのは当たり前、それも一流大学でなければ就職には不利になる、という現実があります。

高校でも私立となるとお金がかかりますが、大学は国立でも入学金、初年度の授業料などでまとまった費用が必要です。

ある保険会社の調査によると、子供を一人大学まで卒業させるには、最も安い国公立のコースであったとしても2000万円近い教育資金が必要、とされています。

私立ではもっと多くなり、大学から子供が下宿を始めるとなると、もっとかかります。

このような出費に備えて、多くの人が学資保険に入っています。主に子供が18歳になった時に受け取れる保険であり、子供の教育資金に備える方法として、広く普及しています。

しかし、子供1人につき充分な学資保険に加入できる家庭はむしろ稀であり、まったく加入していない家庭ももちろんあります。学資保険だけでは足りない場合もあるでしょう。

そんな時は、別の方法で費用を工面しなければなりません。親の都合で子供に充分な教育を受けさせることができない、というのはあってはならない事態です。

足りない教育資金は奨学金か教育ローンでカバーする

ほかの方法には、奨学金を利用する、教育ローンを利用する、といった方法があります。奨学金は金利が低く、条件を満たせば免除もあり得る魅力的な融資ですが、ハードルが高いことは否めません。

教育ローンも国が融資する低金利なものは審査が厳しく、利用できない人も数多くいます。

民間の教育ローンに申し込むのも1つの方法ですが、銀行が提供する低金利のカードローンなら、いつでも借り足せて返済ができ、利用しやすいメリットがあります。

→ カードローンで教育資金としての「お金を借りる」方法の参考情報

 

確かに教育費は大学入学時に1番多くかかりますが、入学してからも何かと入用になることは多々あります。そんな時は、一度にまとまった借りて返済していくシステムの教育ローンよりも、必要な時に借りていつでも返済できるカードローンの方が使い勝手が良いでしょう。

教育ローンの場合、使途を限定した融資ですから、学校関係の書類を提出しなければならないなど、煩雑な手順が多くなります。審査にも時間がかかる傾向があります。

その点、銀行のカードローンなら、借入限度額によっては収入証明も不要であり、審査もスピーディです。もちろん学校関係の書類なども必要ありません。

銀行系でまとまった借入となれば、低い金利が適用される傾向がありますから、是非カードローンも検討してみてはいかがでしょうか。